« 只今執筆中 | トップページ | 結構重大な問題 »

2008年2月 8日 (金)

どうしてこんなことになったのか、私にはわかりません。(中略)これを読んだあなた。どうか真相を暴いてください。それだけが私の望みです。【レビュー】夏の夜の獏

池袋シアターグリーンまでお芝居を観てきました。
大島弓子さん原作の舞台「夏の世の獏」[劇団一跡二跳(http://www.isseki.com/)]

一応公演中だし、ネタバレを含む文章が続きますのでここでワンクッション。
楽日過ぎましたので、制限解除。

そうじ:6さい。あたらしいおうちをみにいった。
そう二:2ねん生。ひっこしをした。
走二:3年生。小箱さんがやってきた。

走二は8歳の誕生日、周りの大人たちが「子どもっぽい」事に突然気がついた。
「お父さん、お母さん、お兄ちゃん。急にどうしたの?凄く子どもだよ?!」
「何言ってんだよ、子どものクセに!」

先生もクラスメートもみんな子どもみたいだ。唯一、いやたった二人だけ、大人に見える人が居た。1人は1組の「のりこちゃん」、そしてもう1人はウチでおじいちゃんのお世話をしている「小箱さん」。のりこちゃんは「真夏の夜の夢」って本を指差して『恋の魔法にかけられた』って言っていたけれど、じゃあ一体誰が魔法をかけたんだろう。

11月に観た「おれたちは天使じゃない」以来、目から汁が出ました。
初出から酷いんですよ、この家族。ホンットに自分の事しか考えてない、それを棚に上げて家族を非難する。

まさに「棚」なんですよ。
リビングルームにある棚の一番目立つ場所に何を置くか言い争いになり、
「ここは俺の家だぞ(父)」
「私達の家よ(母)」
「俺が金を出すんだ(父)」
「じゃあ私、働きに出るわ(母)」
その後父親の矛先が大学受験を2浪している兄・走太郎に向かい、喧嘩の末出て行ってしまいます。
ここからこの家族は、後に出てくるのりこの紹介した「真夏の夜の夢」に沿うように絆を失していきます。
そんな中で「しっかり」しようとする走二は、図書室で出会ったのりことの交流の中で何者かが自分の心に魔法(恋の魔法)をかけて、「心だけ既に成人している」事を悟ります。
物語をなぞる様に崩壊していく家族関係をなんとか元に戻そうと、魔法をかけ直す手がかりを探す走二。
いかん、ストーリーを羅列するだけになってしまった。

走二はこの件りで、小箱さんが魔法をかけたと思ったようで、小箱さんに恋の魔法をかけ直そうとします。この真夏の夜の夢って原典を読んだ事が無いのですが、実は先述の「棚」が魔法アイテムだったんじゃねーかな?と、振り返った今考えてしまいます。

幕開け当初、この「心と体の年齢が違う」という設定から何と無く「モモと時間ドロボー」を彷彿とした僕は、何かしらのハッピーエンドを予測していました。していたのですが、

「これどう転んでもバッドエンドしかねえよ( ノД`)゜・。・゜ウワアアン

そして最後の最後。
家族の中でお荷物として扱われていたお祖父さんが事故で亡くなり、父親と母親の離婚が決まり、片想いをしていた小箱さんがお兄ちゃんと結婚する事になっても、『僕は大人だから』と平静を装います。小箱さんに『本当に大人なのね』と感心されて走二1人舞台に取り残されます。
『そう、僕は大人さ。大人なんだ…。僕は、大人だよ……大人だけど…。うっううう…』
さめざめと泣く走二の前にのりこが現れ、
『泣かないで、走二くん。大人は泣かないものよ。』
と励まされます。
『良いんだよ、泣いても』
『だって私達、大人なんだよ。大人は泣いちゃいけないんだよ?』
『泣いても良いんだよ。だって、僕たちは本当は8歳なんだよ。』
『ダメよ。今のお母さん困らせちゃうもの』(のりこの両親は既に離婚して他界している)
『良いんだよ。だって、子どもは大人を困らせるものだろう?』
『良いの?本当に?怒られない?』
『良いよ。だって僕たち、子どもじゃないか。』
二人はそこで声を荒げて大泣きします。ここで変な汁がちょちょぎれた訳です。

OK。じゃあここでチェス盤をひっくり返すぜ…!!
元ネタが分からない人の置いてけぼり感が…(´・ω・`)

この「身体は子ども、心は大人」というファンタジックな設定なんですけど、実は「8歳になった子どもがちょっと背伸びしたくなった心境」と捉えると、俄然リアルな現代劇になってしまうんですね。
のりこが走二を「精神年齢20歳」と言っているのに対し、「私は21だから」と付け足す辺りがまさしく「他人と違う事をアピールして優越感に浸りたい」お年頃の女の子そのものだと思うのですが、いかがなもんでしょうか?

ファンタジー要素を織り交ぜようと見せかけて、実は「子どもの視点」を切実に描こうとしているように視えてなりません。
「大人が子どもの視点で物を観てみる」またはその逆をテーマにした芝居をやってみたいとつくづく考えているのですが、この変型「迷探偵コナソ」パターンはまさしく目から鱗でした。

機会があれば是非一度演ってみたい芝居です。

[08/02/11追記]
公演終了に合わせてネタバレ制限解除。
同時に加筆修正しました。

以下アフィリエイトの短編集「つるばらつるばら」に、原作の短編が収録されています。

つるばらつるばら つるばらつるばら
販売元:TSUTAYA online
TSUTAYA onlineで詳細を確認する

|

« 只今執筆中 | トップページ | 結構重大な問題 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうしてこんなことになったのか、私にはわかりません。(中略)これを読んだあなた。どうか真相を暴いてください。それだけが私の望みです。【レビュー】夏の夜の獏:

« 只今執筆中 | トップページ | 結構重大な問題 »